So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

Arduino CW解読器動きました。 [アマチュア無線]

JE7JCXです。

親友のところへ部品と工具を借りに行ってきました。
スケッチは海外で公開しているところからダウンロードし、I2C接続に書き換え20文字4行仕様にし、バラックで配線したらあっさり動きました。

【使った電気部品】
・コンデンサ2個→これは狙いの容量がなかったので、直列2個使いで狙いの容量を作ったため。あれば1個でOK。
・抵抗3本
・LED1個
だけです。
真面目にやろうとすると、その他にジャックやらケースやら基板、それを止める足などが必要になりますが。

でもあまりに簡単で笑っちゃいましたけど。
これから、ケース加工、蛇の目基板配線、電源のとり方を考えて、などなど。
本当の完成まではもう数日かかるでしょうか。

デコードの方は、コールサインだけデコードしてくれれば、あとはあまり期待していません。
でもUNOじゃあ、RAMの容量的に少し厳しいという記事も見かけたので、先程MEGAをポチったのに。
(T_T)

もうすこしがんばりましょう!

S_P5290022.JPG
S_P5290023.JPG

LCDを動かすために、プログラムのソースの先頭の方しか見てませんでしたが、途中に

///////////////////////////////////////////////////////////
// The sampling frq will be 8928 on a 16 mhz //
// without any prescaler etc //
// because we need the tone in the center of the bins //
// you can set the tone to 496, 558, 744 or 992 //
// then n the number of samples which give the bandwidth //
// can be (8928 / tone) * 1 or 2 or 3 or 4 etc //
// init is 8928/558 = 16 *4 = 64 samples //
// try to take n = 96 or 128 ;o) //
// 48 will give you a bandwidth around 186 hz //
// 64 will give you a bandwidth around 140 hz //
// 96 will give you a bandwidth around 94 hz //
// 128 will give you a bandwidth around 70 hz //
// BUT remember that high n take a lot of time //
// so you have to find the compromice - i use 48 //
///////////////////////////////////////////////////////////
途中略
//////////////////////////////
// Noise Blanker time which //
// shall be computed so //
// this is initial //
//////////////////////////////
int nbtime = 6; /// ms noise blanker

と書いていますね。

これは、サンプリング周波数と、トーンと、バンドワイズ、ノイズ除去時間をModifyしなければならないとあります。
まぁ、これはハードに関係ないので、完成した後でもチューニングできるのでいいとして、ほんとうは前段にDSP組んで、ノイズを減らして純粋なCWのトーンだけ流し込めば、解読率が上がるんでしょうね。素人考えですが。

満足なデコードをさせるには簡単にいかないような気がします。

※忘れてました。前段のDSPで混信やらノイズ減らして〜って、無線機がやる仕事だった。
(笑)
一応部屋にある無線機は、DSP機ばっかりだし。あんまりパイルアップに参加することも呼ばれることもないので、フィルターの帯域狭くはしたくないのですが。。。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0