So-net無料ブログ作成

ユーランド清水川へ [フィッシング]

2週連続ボウズなので、松尾八幡平のユーランド清水川へ親友と行ってきました。
2時間だけの短期決戦、1時間目は上の池において、サイトで小さいのは釣らないように。
後半1時間は下の池で普通に。
途中から風が強くなり釣りにくくはなりましたが、そこそこサイズも出て楽しかったです。
渓流が禁漁期間に入ったので、ルアーマンフライマンとも多かったですね。
写真は下の池の奥側岸より上の池の手前側岸を撮影しています。 S_PA280152.JPG

管理釣り場のルアーフィッシング―野に憩う魚と遊ぶパスポート

管理釣り場のルアーフィッシング―野に憩う魚と遊ぶパスポート

  • 作者: 寺田 英一
  • 出版社/メーカー: つり人社
  • 発売日: 2009/04/01
  • メディア: 単行本


続きはこちらへ


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2週連続 ボウズ 十和田湖 寒河江川 鮭調査捕獲参加 [フィッシング]

何処にもフライしに行っていなかったわけでなくて、なんと2周連続ボウズでした。

■10月14日15日 山形県寒河江市 人生初の鮭捕獲調査に参加
初日:半分程度くらいの人が釣っていた。
二日目:1割くらいの人しか釣ってなかった。
初日は私にもヒットがあったのですが、「あれ?あれ?根掛かりが動く。。。」って感じで、アワセも出来ずそのままばれてしまいました。
それにしても14日から調査が始まるので初日なのですが、鮭個体数が少ないです。
調子が良いと背びれを出して多数の鮭が泳ぐのが見られるという話聞いて、???でした。
たまーにハネがあるくらい。二日で1万払ってボウズ。
とても残念でした。
タックル: ロッド セージ 14ft8-9番
ライン:Kencube パワーヘッドチェンジャブル
フライ:赤のサーモンフライ

人生で丸二日もダブルハンドを振り続けたのも初めてです。
結構疲れますね。 (笑)
来年も参加するとしたら、もっとフライを沈める方法を考えないといけないと感じました。
もしかしたらチェコニンフみたいな、釣り方になるのかなぁ。
それか、個体数がもっともっと多ければ、プールの浅場でもフッキングできるのであれば沈めなくてもいいとは思いますが。
フライフィッシングで底を取るってやってみると結構難しいです。
フライもロストしてしまいますし。
3枚目の写真の手前側岸、右から2番目の方。
宮城の方ですが、初日この方だけ二桁超釣ってました。
新聞にも写真入りで出ていました。凄腕です。
S_PA140138.JPG S_PA140140.JPG S_PA140146.JPG

■10月21日 十和田湖ヒメマス フライフィッシング
夜明~10時半で撤退。
もう岸付近には死骸が多数見られ、その割に泳ぎ回っている個体が少ない。
私が思うヒメマスは、基本サイトフィッシングなので、個体が居ないのにフライを投げても釣れるわけはありません。
会社の同僚が餌で10匹程度釣っていましたが、フライで狙うには困難な場所なのでそこのポイントも狙えず。
それにしても、餌釣りって本当によく釣れますね。
桟橋にもその周りもアングラーの数はぽつりぽつり。
今年はもう終わりでしょうね。。。



続きはこちらへ


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

十和田湖ヒメマス 10月8日 [フィッシング]

前日の完徹が効いて朝起きれなかったので、夕方近くから行ってきました。
十和田湖は車で30分弱です。
もしかして十和田湖在住以外で一番近い場所に住んでいるアングラーかも。
天候:晴れ ウィンドブレーカーだけで寒くは無かったです。
下着もノーマルです。
水温:15度
水量:昨日と変わらず
釣果:痛恨のボウズ
フライ:自作産卵時期スペシャルゾンカー10番ウェイト無し
フック:マルトのウェット用100本700円でコスパ最高。ティムコのフックが使えなくなります。 (笑)
ロッド:UFMアフィーレ8ft5番
ライン:リバーピークDT5F 初の夕マヅメ。
昨年制限尾数を釣った場所: ハネは有る物の、沢の流れ込みにはヒメマス目視できず。
15時~17時までひたすら引っ張ったが、アタリは一度だけ。
隣のルアーマン4人組も、釣ったのは一度しか見てません。
昨日のポイント: 群れはもう移動してしまったのか、岸際に目視できず。
漁師の友達も、和井内孵化場へ上る個体も減ってきているとのことで、今年は終わりかなぁ。
来週は用事があるのでいけないですしね。
今日は夕マヅメのせいかあまり混んでいませんでした。
ヒメマスの写真を載せられないので、代わりに最初に入った場所で見かけたサクラマスの死骸写真を載せておきます。。。
産卵時期のヒメマスは、フライに関してはやはりサイトフィッシングが基本なんでしょうね。
岸際にいる群れの中にフライを通す。。。
闇雲にキャスト~引っ張りしても釣れない気がします。
S_PA080128.JPG S_PA080132.JPG

ダイワ(DAIWA) ルアー シルバークリーク ミノー 44S ヒメマスカラー レッドオレンジ

ダイワ(DAIWA) ルアー シルバークリーク ミノー 44S ヒメマスカラー レッドオレンジ

  • 出版社/メーカー: ダイワ(DAIWA)
  • メディア: スポーツ用品


続きはこちらへ


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

十和田湖 ヒメマス 10月7日 [フィッシング]

先週の混み具合を考え今日(昨日はですが。)は早めに出向きましたが、十和田湖和井内に着いたときは、なんと車はたったの3台だけ。
時間は19時半頃です。


時間帯:朝マズメ~正午前まで
天候:雨(でしたが寒くは無かったです。風も無かったし。)
水温:15度
水量:先週平水と書きましたが、少ない気がします。
釣果:ヒメマス×7 最大30センチ
フライ:自作産卵時期スペシャルゾンカー10番
フック:マルトのウェット用100本700円でコスパ最高。ティムコのフックが使えなくなります。 (笑)
ロッド:ティムコJスイッチ/シマノFV865
ライン:サイエンティフィックアングラーズ スープラエクスプレス5番/リバーピークDT5F
リール:ケンキューブ  CL5 5/8 カセットリール 欠陥リール/ノーブランド

今日は同僚の餌釣り2名も冴えませんでした。
先週みたいな馬鹿釣りにはほど遠い釣りとなりました。
感覚的にはもう終わりなのかなぁと思ったりもしました。
それと、岸ギリギリでしかヒットしないので、根掛かり&落ち葉を引っかけてしまうと言う、本当に心が折れる釣りでした。
でも、隣の餌釣り2名はコンスタントに釣っているし、まぁフライで餌には数では勝てそうにもありませんが、フライでもう少し釣れてもいい気がします。
また、今日はスレがかりは1匹だけで後は全部口にかかっています。
サイトフィッシングにもなるのですが、フライから逃げるケースと、フライを食ってしまうケース、フライを全く無視するケース、何が違うんでしょうかね。。。
それがわかれば、もう少し数が出そうな気もします。
釣れないと1時間とか平気でキャストだけって有りますからね。
明日また行きますが、明日で終わりにしようかと
自分で釣ったのや同僚からもらったりしたヒメマスを捌いてみると、結構ひれ顎ボロボロの産卵終わり~の雌とかいてあーシーズン終わりなんだなぁとしみじみ感じます。
S_PA070126.JPG S_PA070127.JPG


ダイワ(DAIWA) ルアー シルバークリーク ミノー 44S ヒメマスカラー レッドオレンジ

ダイワ(DAIWA) ルアー シルバークリーク ミノー 44S ヒメマスカラー レッドオレンジ

  • 出版社/メーカー: ダイワ(DAIWA)
  • メディア: スポーツ用品




続きはこちらへ


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

十和田湖ヒメマス解禁 [フィッシング]

昨夜はスペースギアに車中泊で行ってきました。
それにしても、過去最大のアングラーの数ですね。
20時半頃ついたときには車を止めるところが無い状態でした。
時間帯:朝マズメ
天候:晴れ
水温:15度
水量:たぶん平水
釣果:ヒメマス×9 日の出~8時に上がりました。
フライ:自作産卵時期スペシャルウェット10番
フック:マルトのウェット用100本700円でコスパ最高。ティムコのフックが使えなくなります。 (笑)
ロッド:UFMアフィーレ8ft5番
ライン:リバーピークダブルテーパー5番フローティング

産卵時期のヒメマスをやり始めて今年で3年目。
ようやく釣れるフライができました。
今までエッグフライを主に使っていましたが、今年は自作フライだけで釣りました。
私的には、エッグフライとかよりサイズを落としたサーモンフライですね。
ヒメマス=紅鮭なので。
昨年とある日制限尾数を提灯釣りのエッグでやりましたが、ほとんどがスレがかり。
今日は引っ張りですが、殆ど口です。
あのパターンが、とかこのパターンがとか書いているブログがありますが、口を使うのはサーモンフライです。
産卵時期は口を使わないのでヒメマスのDNAに刻まれている色とかユラユラ感をフライにしないとダメなんです。釣ったのを捌いてみればわかりますが胃は空っぽです。

この時期になると風が強くて釣りにくいのですが来週も行きます。
それにしてもアングラーの数の多いこと。
漁師の友達も見たこと無い車の数って言ってました。

<気になった事>

・フライフィッシングをやっているすぐ隣に入ってくる無神経なルアーマンがいること。
ルアーマン全てがそうだとは思いませんが、どっちに投げてる!を見れば危険な方向はわかるはず。
後からすぐ隣に立つのなら「ここいいですか?」位聞けないのでしょうか。
声をかけないですぐ隣に立つ人への私の声のかけ方。
「フライがラインに引っかかっても知りませんよ。」 (笑)
そういう方に限って釣りも下手くそでロッド曲がらずです。

・車の止め方もひどい どう見ても路上駐車っていうアングラーが多いこと。
私は常識的に止められないので、生出キャンプ場の駐車場に車を止めて10分以上歩きました。
貴方だけの道路では無い、生活のため、観光のため、みんなの道路です
他人に迷惑をかけるくらいなら来て欲しくないと思います。

・駐車場で一晩エンジンをかけている車 側で寝ている人がいると考えないのでしょうか。
私もそうだし隣のキャンピングカーだって人は寝ているはず。
寒かったら寒く無い用意をしてくれば良いのに。
私は今日上下ヒートテック着てました。
貴方だけの駐車場じゃ無いんですから。

狙いのフライでヒメマスが釣れて気持ちは良いのですが、違う意味で気分を悪くし帰宅しました。
写真は1匹目と、アングラーの数の多いのがわかる写真です。 S_PA010120.JPG S_PA010122.JPG S_PA010123.JPG


マルト(MARUTO) お徳用フライフック w10(ウェット・ニンフ用) 100本入り #4~18

マルト(MARUTO) お徳用フライフック w10(ウェット・ニンフ用) 100本入り #4~18

  • 出版社/メーカー: マルト(MARUTO)
  • メディア: その他




続きはこちらへ


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー